白木さんちってこんなん

TRPGやアナログゲームで育ったオタクな旦那とテレビゲーム大好きなオタクな筆者の間に娘が誕生。妊娠、出産、子育てなんかのあれこれを記録がてらブログに綴っています。

Categoryあかね

延々とやってる生後6ヶ月の最後の方になると自分でローテーブルの端に手をかけてつかまり立ちをするように。それでも、まだ長い時間立っているのは疲れるのかすぐに手をかけたままぺたんとお尻をつくことも多かったです。但し、その後またすぐに立ち上がる立つ、座る、立つ

何か影響されたのかなあかねは、喋る時は喋るのですが基本的にあまり声を出さない方…な、気がしますね。比較対象がいとこのひいくんくらいしかいないので、よく分かりませんが。で、そのひいくん。 生後約1ヶ月。暫くぶりに会いに行ってみるとすごくよく喋るようになってま

出たなくしゃ顔新聞や雑誌なんかをいじりたくて手を伸ばすあかねを見た義父さんが赤ちゃん新聞なるものを買ってくれましたノンキャラ良品 なめても安心 赤ちゃん専用新聞第5版 [おもちゃ&ホビー]ピープル2016-03-27これ引っ張ってよし、口に入れてよし。触るとカサカサ音が

布団が小さいので手足が出まくり以前も、寝相の悪いあかねの話を書いた気がしますが(関連記事:動きが羽化直前のさなぎ)今回は寝返りも自由自在になった為に更に酷くなりました。 夜の間にごろごろもぞもぞ。最初にいた場所にはまずいません。夜間、あかねが起きた時の授

綺麗にゴムパッチンが決まったある日の昼下がり。天気が良いので帽子をかぶってお出かけにいきました。 今までも帽子をかぶらせてお出かけしていたことはあったのですがこの日は初めて、帽子のゴムが気になった様子。触ったり掴んだりと遊んでいるのを眺めていたら急に引っ

まぁ、それでも動かないでいてくれるの短時間だけですけど赤ちゃんの爪って小さいし、赤ちゃん自身がよく動くしで爪きりが大変。動かないお昼寝中に切るのがいいのかもしれませんがあかねの場合は、時間に左右されにくいこの方法を使っています。義両親宅は戸建てで、窓から

でも怖いとかじゃなくて嬉しいらしい義両親宅に引越ししてからあかねにって貰った犬のパペット。当時は大して興味を示さなかったのですが6ヶ月頃になると一変。見る度に大きな悲鳴をあげる怖いとか、そういうわけじゃなさそうで悲鳴をあげながらも楽しそうに笑ってるんです。

旦那のダイスコレクションはオモチャにボトルやティッシュが空になる度増えるゴミ あかねのオモチャ。これをどうにか有効活用できないかと考えて手作りのオモチャにしようという話に。まずは簡単に、音が鳴るものをボトルにいれてガラガラにしようとしたのですが今時、家に

なにこの顔…って、思い始めてから思い出した記事がありました。あり子さんちのこれです。⇒関連記事:くしゃ顔(あり子さんのブログ『ひよっこ一家備忘録』より) あかねはしゃくれてないけど、たぶんこれだ。このことだ。確信。 あかねは、この顔を楽しいと感じているで

オモチャの紐の結び目で遊んでたあかねはぬいぐるみも大好き。うさぎのぬいぐるみを見ると笑顔で寄って来るのですがそのままやることと言えばタグをなめまわすこと。気づけばタグだけべっちゃべちゃ。大きさのあるぬいぐるみのほんの一部に一番興味があるようです。一体何が

当たり前じゃないかとか言われそうですとにかく実家と家の往復移動は時間がかかります。そこでネックになるのがあかねのこと。前回の帰省時は4ヶ月の頃でしたが→関連記事: 約3ヶ月の空白 他この時の帰り、実は大失敗をかましていました。***当時、あと40分程で家に着く

別に手を振ってたわけじゃないですけどね単純に気になって手を伸ばしただけだと思いますw昔は家の前にある田んぼで米を作っていましたが主にやっていた祖父の足が悪くなってしまい続けることが困難になった為現在は田んぼの端を使って、 小さな畑を作っているようです。お昼

漫画で上手く表現できなくて悔しい実母には逐一あかねの写真を送りつけているのでハイハイできるようになったことは知ってました。で、母が「ハイハイの動画撮っておきたい」というので少し離れた場所に私のバッグを設置し、ハイハイをさせてみることに。(目標物がないと尻

その日の新キャラ登場結局興奮したあかねをなだめる為に周囲のお散歩へ。散歩してるうちに落ち着いたのか、抱っこ紐の中で寝ていました。帰宅する頃には眠りから覚めて、かなりスッキリした様子。そのあとはおじいちゃん、おばあちゃん、ひいおじいちゃんに一人ずつ会わせ少

まずは、昨日のオムツ袋をお布団にしてた事件について。あの時は眠気に負けて写真を撮ることはできなかったのですが似たようなことになってる場面はそれ以前に写真を撮っていました。じゃん☆これ、車内の写真なのですが、やっぱり袋をかけて寝てますw5月末に白木実家へ行っ