白木さんちってこんなん

TRPGやアナログゲームで育ったオタクな旦那とテレビゲーム大好きなオタクな筆者の間に娘が誕生。妊娠、出産、子育てなんかのあれこれを記録がてらブログに綴っています。

Category妊娠

いつものソフト直りました。よかった。でもなんか細かくなっちゃった。文字ばっかりだよ。誤字してるし。両親学二回目→両親学級二回目しかも色一部塗り忘れてるし!めちゃくちゃですな。そんなわけで1回目から1週間後。2回目は午前中に栄養関係の講習がありました。栄養面は

いつも使ってるソフトの調子が悪いので別のソフトで描きました。文字全部フリーハンドなので見難かったらスイマセン…しかし、これ描くの今までより時間かかる。慣れてないだけかなぁ…うーん。不具合が直ればそれに越したことはないのですけれど…まあ、その話は置いておいて今回

産院の予約と、ついでに他の用事も済ませとりあえず家に帰ることになりました。旦那と1週間ぶりの再会。とりあえず腹に向かって「少なくとも腹から出るために、もう1往復はするんだよ?」と言い聞かせてみた。この時、確か腹帯かガードルか何かつけてたと思うのですがお腹に

実家では割と母と行動することが多いです。実家に戻った頃が大体妊娠5ヶ月に足突っ込んだ頃。母の休みと丁度戌の日が重なったので安産祈願してきました。祈願してもらった後は別棟で腹帯の巻き方を女性神職さんに教えてもらいました。丁度時間帯が良かったのか、この時腹帯講

16週5日目。車内で疲れを感じ、椅子を倒して横になったところ、なんか腹がポコポコ動くのを感じる。「…動いた気がするけど腸とか屁じゃないよね?これ。 多分子供だよね?」と、隣にいる母に確認する始末細かくどんな感じか説明すると「多分そうじゃないかなー」との答え。

この頃思い出したちょっとした思い出話。親が転勤族だった為、小さい頃は大体2~3年スパンで引越ししてました。その中で出会った小学校1年生の時の担任の先生。白木さん、物心ついた頃から牛乳だけはほんと嫌いでダメ。その担任の先生も牛乳が嫌いで、ほぼ飲んでなかったよ

文字ばっかりになっちゃった。希望通り、最初から目をつけてた産院さんで分娩予約を取ることができました。が、実母に「予約できてよかったね」「もういっぱいかもしれないよーって言われたんだよ」って言ってきたんです。え?まじすか。そりゃ危ないところだった…と、思っ

問い合わせていた産婦人科に直撃。女性の先生だったのですがとにかく声が小さい。気を抜いたら聞き逃しそうで怖いなー大丈夫かなこの人ーと思ってたのですがエコーを見てぼそっと一言「かわいいね、これね」って声が聞こえた瞬間なんか色々持ってた不信感が吹っ飛んだ。あ、

実家には1週間の滞在。何人か地元の友人と会う時間がありました。友人同士が勝手に盛り上がるの図。学生時代の友人なのですが、大体みんな変わってないです。会って話できればやっぱり楽しいですね。そのうちに私の妊娠の話になり白木さんにできた子供はきっと男の子だよ、と

つわりがやっとこ治まってきた妊娠中期編。とりあえず里帰りの際見てもらう産婦人科に行くために1週間ほど、白木さんだけ実家へと帰省します。これが今年の5月半ばくらいの出来事。ちなみに、結婚する前は実家住まい同士でした。今住んでるところが旦那実家からかなり近いの

昨日の記事のすぐ後くらい。一度実家に帰る妊娠中期に入る直前の検診経膣のエコーからよく見る腹部からのエコー検査になりました。やってもらってびっくり。3Dどころかそのまま動画撮ってた。4Dだった。白木さん、今まで妊婦さんの話とか殆ど聞いたことなかったから白黒の

里帰り出産希望、ということでまずはどうすりゃいいの?ってなわけで。今年度入って早々に母子手帳を貰ったので、その後すぐに実家方面の産婦人科に電話しました。早めに行動しないと、産科さんの予約もすぐ埋まってしまうみたいですね。産科さん自体がどうも少なくなってい

割と妊娠初期辺りの時間軸バラバラなのですが…これいつだっけ・・・とにかくつわり中の産婦人科での検診の話ですね。とりあえず酷いつわりのことを先生に相談したところ「お薬もあるけどどうする?」といわれました。・・・確かに辛い。辛いつわりだけど、とりあえずここまで耐え

つわり初期~中期くらいの話。諸事情あって、実家の母には早めに妊娠の報告がしてあったのですが…実際は電話じゃなくてメールで聞いたのですがね(笑)母は多少の気持ち悪さはあったようですが、食べたら吐くこともなく割と酷くないつわり生活だったとのこと。義母にもつわ

つわり最初の頃の話でちらっと出てきた旦那と出かけた話白木さんは動物園大好き。いつか自分の子供と一緒に動物園に行くのが夢の一つです。…爬虫類両生類も大好きなんです。可愛いですよ?トカゲにヘビにカエル…前日まで動けなかったのに、この日は調子が良くもう何でもで