白木さんちってこんなん

TRPGやアナログゲームで育ったオタクな旦那とテレビゲーム大好きなオタクな筆者の間に娘が誕生。妊娠、出産、子育てなんかのあれこれを記録がてらブログに綴っています。

2016年04月

とりあえず自然に起きるまで足元で寝る羽目に2ヶ月の頃から段々と夜に起きる回数が減り、更にそれが割と普通になったなーと思ったのが3ヶ月頃。とりあえず寝かしつけた後は白木さんの自由時間ができました。作業したり、ゲームしてみたり…そんなことして発散し「さて寝よう

オモチャに翻弄される大人荷造りと荷物整理をしていたら、たまたま埋もれた商品券を発見。今まであかねにはお祝いで貰ったおもちゃしか与えられてなかったし3月に白木実家に行くという、なんとなくの予定もあったりしたので車内等でもあかねが遊べるおもちゃをひとつ買ってあ

見えてる顔と違うね?写真に撮ると、なんか別人のようになります。これ、実際は新生児の頃から思ってたのですが表情が豊かになってくると更に顕著に。 白木さんの写真の撮り方が下手くそなだけかもしれませんが旦那も、義母さんも、写真に撮ると顔変わるとか言ってたんです

わざとかな?この頃になると、かなり手先も器用に。 吐き戻しやぶーぶーツバ吐きがあるので、口拭きのハンカチやタオルは大体近くに置いているのですが渡してあげると掴んだり引っ張ったりと器用に遊ぶことが増えました。そのうち、何を思ったのか自分の顔にかけて「うー」

本日2回目の更新です。さて、すくパラ2015秋冬ブログ総選挙の結果が発表されましたね。アメブロの時にこっそりと参加していたのですがななな、なんと…「白木さんちってこんなん」はノンジャンル部門優秀賞を頂いてしまいました…!ひえええ!まままマジですか…!投票、応援

キャラクターのあかねは格闘系の眼鏡女子でしたTRPG知らない人には分かり難いネタで申し訳ないです…w3月頭の引越しが決定し、週末に義両親にあかねを見てもらいつつ準備を進めていました。で、旦那実家の掃除をした際、旦那のキャラクターシートがいっぱい出てきたんですよ

話はしないけど噴出す前によく「あ」って言ってたこの頃のあかねのマイブームです。もしかしたら増えてきたよだれが気持ち悪かったのかもしれないし新しく覚えたこの仕草が楽しかっただけかもしれないですが とにかく、ずーっとやってました。よだれが口周りや首の間に入り

悟った顔をしていらっしゃった2ヶ月の最後で首すわりの片鱗を見せたあかねさん。そこで、3ヶ月に入ってから抱っこ紐なるものを購入しました。 とりあえず、慣らしの意味も含めて家の中で試してみることにしたのですが…装着した時のあかねがなんともいえない顔してた 喜ぶ

今日からあかね3ヶ月編。 まだ2ヶ月辺りも何かあったかもしれませんが、思い出したら描きます。ある程度のメモはあるのですが、手元になくて残せてないこともあるのです…嗚呼。宙を舞うおしゃぶり白木さんが寝かしつけ下手くそなのか、夜になかなか寝付いてくれないあかね

朝できなかったことが夕方できちゃうあと2、3日であかねが生後3ヶ月になる…という日の朝。何気なしに思い立って、寝た状態から両手をゆっくりと引いて首のすわりを確認するアレをやったんですよ。まぁ、その時は首がついてこなかったので「流石にまだ首はすわらないよねはっ

お雛様編は今回がラスト。昨日の続きです。あかねが旦那に「まわせ揺らせ」と要求してるあかねの負担になるといけないので展示を見て、あかねのつるし雛を購入したらすぐに帰宅しました。 さて、そのあかねに買ったつるし雛。ゆらゆらと揺れる飾りにあかねはテンションだだ

季節の変わり目か最近体調が優れません。皆様もお気をつけて…さて、今日も昨日の続き。海を堪能してから、会場に向かいました。こすいその1で雛人形購入をどうこう言ってたのですがそれをこれでとりあえず納得してくれないかなぁというもの。だって、十数段の雛飾りとか買お

昨日の続きです。うっかり写真に撮っちゃう道中は途中で一度授乳とトイレ休憩を挟み、特にこれといった問題もなく無事会場に到着。 指定の駐車場からは海が見えました。白木さんは北関東の海無し県生まれで、海が見えるだけでテンション上がります。 あかねの初めてのお出

すいません。昨日はお出かけとニ●ニ●でデジモンアドベンチャーtriを視聴してて予約投稿できませんでしたwデジモンは丁度世代なのでアグモン出てきた瞬間にぶわって泣いちゃいました。3章も早く見たいです。選ばれし子供たちになりたい人生だった。さて、今日は昨日の記事

すいません、ただの導入です。ある日、実母から「あかねちゃんの雛人形とか買う?」という連絡を頂きました。頂いたのは良いものの、アパートにそんなの置く場所も仕舞う場所もない。そのうち引越しをする旦那実家も、湿気が酷くてすぐにカビてしまうとのこと。義母さんも「