白木さんちってこんなん

TRPGやアナログゲームで育ったオタクな旦那とテレビゲーム大好きなオタクな筆者の間に娘が誕生。妊娠、出産、子育てなんかのあれこれを記録がてらブログに綴っています。

2015年09月

そもそも白木さんちのオタクのベクトルがあんまり一般的ではないかも的な話。【用語集】(用語クリックでwikiページに飛びます)▼TRPG(テーブルトークRPG)▼ダイスの女神旦那は元々○学生の時からTRPGやってるような人でした。今でも大学時代のサークルメンバーでオンライ

妊娠後期の口癖は「腹が重い」と「腹が減った」旦那には前者に「どうにもならんね」と言われ後者には「何か食べる?」と言われるまでが1セット。とにかく私自身の食べづわりの比にならないくらいお腹がすいて仕方ないです(現在進行形)漫画にした日はいつも以上にお腹が空い

今回から妊娠後期編。妊娠8ヶ月以降の話です。ひまひまぷぅ状態じゃあんまり差をつけてないのですが白木さんの家族は大体そこそこでかいです。弟は見上げるようです。旦那家族は身長小さめだったりします。しかもあそこの家族みんな顔若いのな羨ましい胎児の大きさにも個人差

前回の話はコチラ普段、そういうキャラでもないし、こうなんとなくこっ恥ずかしくて…腹をなでてみるとか、旦那と軽く声かけしながらポンポン叩くなんてことはよくやっていたのですがこの時、初めてしっかり自分だけで腹の子に話かけてみた気がします。逆子だねって先生に言

たまに出るびっくりするくらいでかい胎動が毎回タイミング良すぎ。つわりの時期はPC前に座ることも辛かったのですがこの頃になると「生まれたら暫くできないから!」と遊べるときに遊びまくってます。で、腹の中はどういうわけなのかゲームしてる時って割に胎動激しいのです

いつでもマイペースな旦那にも自覚してもらいやすいかなと思い、胎動が分かるようになってきてからは毎晩寝る前に旦那にとりあえず腹を触ってもらってました。ただ、この頃は何故か毎回のように拒否をしてるかの如く旦那の手を力強く突っぱねる腹の子。夏真っ只中なせいもあ

弟さん、二人とも割とオタク気質です。弟二号は実家から離れて暮らしてます。弟一号は職場が実家からそこそこ近いので実家暮らし。二号とは最近なかなか会う機会ないですけど3姉弟割と仲は良い方だと思います。弟二号の誕生日にお祝いと妊娠報告を自分からしたのですが返事

大体おっぱいだのムネだの連呼するような話。ひまひまぷぅ状態じゃ服も何もあったもんじゃないけど。おっぱいの手入れも、ちらっと両親学級で聞いていたので母乳を考えるとぼちぼち何かしなきゃならないのかなーと思ってた矢先のことでした。で、お風呂中に何気なしに乳頭を

こんにちは。白木ゆかりです。絶賛里帰り中です。現状としては、実家で普段使ってるデスクトップPCで作業してます。結局いつものPCを持ってきたのでしたほぼ全部旦那がやってくれましたありがたや。と、いうわけで場所は変わったけど作業環境は変わらず。昨日から9ヶ月目に突

昨日の記事の続きなので24週検診日の出来事です。性別を教えてもらった後、4Dエコーで動画撮影しました。先生は毎回細かく体の様子を教えてくれます。動画撮影終わるよって時、大人しかった子供がいきなり動き出したと思ったらあぐらをかくようにたたんでた左足を凄いスピー

両親学級終了。今回は検診の話です。この時点では逆子ちゃんでした。まだまだぐるぐる動いてるから大丈夫だよとの話だったので特に気にもしてませんでしたが。さて、前回が背中しか見せてくれなくて性別はちっとも分からなかったのですが今回はばっちり見せてくれたようです

本日2度目の更新です。と、言うのも…そう「少なくとも腹から出るために、もう1往復はするんだよ?」の実行です。つまりは、明日から里帰り出産の為に白木さんは実家に滞在することになります。出産予定日と出産してから更に1ヶ月程滞在するんじゃないかなと思うとおそらく

更に続き。服の脱ぎ着せと沐浴の練習です。昨日の漫画で描いたまっぱだかの赤ちゃん人形と同じものだったのですが実は服とオムツ着用してました(面倒で描かなかったのバレた)まずはそれを脱がせて沐浴の練習…だったのですが思わず赤ちゃんサイズのオムツに驚愕してしまい

赤ちゃんの人形で抱っこの練習をした話。しっかり首を支えましょう。まだ座ってない赤ちゃんの首は不安定。しっかり首を肘の内側で支え、体に密着させるようにして安定させる…みたいな?もう忘れてるよ白木さん大丈夫か、赤ちゃん生まれてから抱っこできるのかそれはいいと

最終日は旦那も参加することが推奨されていたため一緒に行くことにしました。必死にフォローしてくれたスタッフさん優しい。ごめんねスタッフさん、この人こういう人なのこの旦那、とりあえず何か言わないと気が済まないこともよくあることなので大体白木さんは「ハイハイ」