昨日の帝王切開のくだりは単純に時間がはっきりしてる出来事だったからでしたw
寝返り打って、痛みが出始めた方向には時計も何もなかったので
あれ以降の詳しい時間がもう生まれるまで分からなかったのです。

さて、今日は痛みで声を上げ始めた後の話。

それはもうエビの如く


痛みが此処まで来ると、周囲で何が起きているのか
何を言われているのか、もう分かりません。
そんな中、漫画にあるこれだけはよく覚えています。


がつんと来る痛みについつい頭、背中を反らしてしまったのですよね。
その時、助産師さんが

「背中反らないで出てくるとこ見て!」

みたいなことを言ったんです。
返事なんてする余裕がないので、とりあえずすぐに顔を足元へ向けました。

「そう!」

と、言われて「あ、合ってたよかった」なんて少しだけ安心。
まぁ、だからといって痛みがどうのっていうのはよく分かりませんでしたけどw
痛いもんは痛い。


今思い返してみると「生む姿勢これでいい!?」とかも言われていた気がします。
同じく返事する余裕全くありませんでしたけど(;´▽`A``




つづく。





よければ是非!




1日1回ぽちっと応援してくださると
白木さんのモチベーションUPします!


閲覧、いいね!ありがとうございます!